美味しい葉っぱには栄養があるかな〜?

暦の上で立秋を越したとはいえ・・
まだまだ暑〜い毎日ですね!

関東方面は台風で大変なお天気のようですが
神奈川暮らしのコナツちゃんは、クールなお部屋でごろごろ元気だそうです。



ちょっと遅くなっちゃったけど、
先日ダッシュで遠出して
安心安全な葛の葉っぱを
おリュとマロのために刈り取ってきました!

山間の、水も空気も清涼な所でまとめて頂いてきます。
常に木陰になる所だと、若葉もまだ残っていたりして。
近隣の除草剤の散布や土壌汚染なども気をつけないとですね

ていねいに洗って・・天日干しして・・
1年分、春先の葛の若葉の乾燥させたものと併せてストックします。
食欲が落ち気味のとき、おやつにと
とっても重宝します♪

季節の野草も、そんな感じで1年サイクルで保存して
もぐもぐしてもらっています。
色んな栄養を、摂れる様に

葛の葉って、根っこが葛根湯になるといいますが・・
いちおう、根っこも乾燥させました。
風邪になったら飲んでみて、その効能をためしてみたいです(人間用)

おリュは、生葛も乾燥葛も、大好き♪
元々野草が大好きなので、ちょっと食欲が停滞した時は
野草を食べると食欲スイッチが入る時があります(^^)
B8089779.jpg
換毛も落ち着いてきたに〜さん♪

B8089780.jpg

B8089789.jpg
だんだんお耳が垂れて来て、食べながらも省エネモード(笑)

マロ
B8089744.jpg
マロは、乾燥葛の方が好き。薫りが強くなるからかな?
パリパリ、いい音させてます

B8089749.jpg
おいしいですか?

B8089758.jpg
「残りはあとで食べる〜」
マロくん、遊びたいモードでした(笑)

葉っぱのパワー、美味しく摂ってもらって
夏も元気に過ごしてもらいたいです♪

人間がばて気味なのでどうにかしないとだわ・・・(^o^;)
*
*
*
*
*
*
スポンサーサイト

8月8日 *葉っぱの日*〜大久野島のうさぎさん〜

大久野島には、一体何種類くらいの植物がみられるのかな?

その中で、うさぎさん達は食べられるもの、食べられないもの
わかっているのがすごいなぁと思います。

一度食べてみてお腹が受け付けなくて食べなくなるのか・・?
家族や仲間に教えてもらうものなのか・・?
ニオイで判断するのか・・?

大久野島に行くと、お部屋のうさ〜ずとはまったく違う自然界で
生きているうさぎさんの事を色々知りたくなる

ある日、うさぎさん達がものすごく
よろこんで食べていた葉っぱがありました。

普段は木の上に茂っているので届かないのだけど、
剪定されたり、風で細い枝が折れると落ちて来て
美味しいってわかっているのか、みんなで拾いに行って食べていました。

IMG_7399.jpg

IMG_7400.jpg
「これ、ぼくの〜♪」って声が聞こえて来る(^^*)

IMG_7404.jpg
しかも、ちゃんと木陰の下までもってきて・・ゆっくりもぐもぐ。
賢いなぁ〜♪

IMG_7403.jpg
何の葉っぱかなぁ?
結構わさわさ生い茂った低めの木でした。

葉っぱをかいでみると、香ばしいような
確かに美味しそうなかおりでしたよ!

こんど木の方をもっと観察してみたいです。
どんどん剪定してくれたら、たくさんごちそうが落ちてきますね〜*

IMG_7402.jpg
うまうま〜
それおいしそうね〜、わたしにもちょうだい〜♪







8月2日

は、
ばにいの日
ぱんつの日
そして..ハーブの日でもあるということで

おリュとマロがハーブを食べる写真です(笑)

農園ミント〜
おいしですか?
ミントは農園に自生しているので、毎回頂いて来ています(笑)

農園は今、夏前に植えたフェンネル、パセリ、
ワイルドストロベリー、ブロッコリー、いちごが
暑い日差しと高温に負けずに今も元気に生えてくれています。
IMG_1045.jpg
ワイルドストロベリーは、マルシェで購入させていただいた
自然栽培のもので、ベランダで昨年は育てていたのですが
お水をあげすぎたのが原因で、枯らしてしまいました。

根っこは残っていたので復活を試みたのですが、だめで・・
また今年新たに買わせて頂き、農園に植え替えた所
わっさわさに育ってくれています。
がんばれ〜。

IMG_1040.jpg
ブロッコリーは、弓削牧場で買ったたねの森さんのもの。

自家製の無農薬牧草は、穂が出てしまって固くなった分は7月の内に全部抜いて
無農薬の米ぬかと混ぜて、黒マルチをして堆肥化させています。
秋の牧草作りの為に、じっくり栄養のある土にしたいです(^^)

IMG_1123.jpg
種も発芽成長中。
間引きしたのは、おリュマロのオヤツにしています〜♪

農園で作ったお野菜、牧草。
失敗もありましたが
失敗は、いい経験と勉強になりました(^^)
次の牧草作りは、それを活かせたらいいなぁ〜と思います。

B7249572.jpg
「ふぐうぅぅぅぅぅzzzz」
眠りの時間が増えたおリュにーさん。
よく食べ、出してゆるゆる元気にしてくれています。

B8029638.jpg
マロの最近の籠城スペース♪
人工的穴ぐら。

B8029640.jpg
マロも、お耳の排膿は2日に1回程度で継続中ですが
それ以外では、今までとなにも変わらないハイテンションのししマロBOY。
元気一杯です(^^)

FUJIROCKには行ってないけど、
買っちゃったおぱんつうさT
今日着なくちゃあかんかったかな〜w
38217182_468557093613577_4365568178865045504_n.jpg
FEVER といえば、トライセラトップスの同タイトルの曲を昔よく聞いてたな〜

8月が始まりました

酷暑なのでうさぎと暮らしているみなさんはエアコンフル稼働なのではないでしょうか。
保冷剤で体温をさげるだけでは、やり過ごせない猛暑となっています。
しかも今年はうちは「冷房」ではなく、もう6月からずっと「ドライ冷房」にしています。

ココロのおうちさんの記事で、参考になる事があったので
貼っておきますね。
ちょこっと豆知識☆打倒!梅雨の湿気!!
室温、湿度、気圧のバランスが大事♪
うさ達には元気に乗り切ってもらいましょうね〜*

うさぎ写真家utaさんが、Instagramで
かわいいおパンツちゃんの写真を載せられていたので貼らせて頂きます♪


ほんとにおぱんつはいてる♪
かわいいですよね〜!
元気に大きくなってくれてるかな?








大久野島の、こしょうちゃん達が教えてくれた事

こしょうちゃんがお月様に行ってから
3回目の夏がやってきました。
2015年にうた島へ初めて行き、まだ3年しか大久野島の事を知りません。
でも、その間にも色んな事をうさぎさん達が教えてくれました。
こしょうちゃんは、暑い時はこうして一番涼しい場所で、ノンビリしていました。
B7191344.jpg
かわいいお昼寝のこしょうちゃんをずっと見ていました。
B7191338.jpg
B7191333.jpg
「ぐ~すかzzz」自分の安心できる
居心地のいい場所でくつろぐのって、人間でもリラックスできますよね。
そんな時は、やっぱり起こせないし
ごはんをあげたくなって
がさがさ袋などの音をたててしまうと
条件反射で起きてしまうし、今の酷暑だと日中動き回るだけでとっても消耗します。
地熱も40℃超えのとんでもない事になっていますしね・・。
B7191348.jpg
「省エネで夏をすごそうとおもいます」
B5094228.jpg
この写真は、うさ友さんと一緒に初めてうた島へ訪問した時に会えたこしょうちゃん。
私は、2回だけの逢瀬でしたが、忘れられないうさぎさんです。
B5094230.jpg
当時は人参や牧草などを持って行きました。
私のエゴで"食べてもらいたい"と思ったからです。
でも、もっと美味しい葉っぱや食べられるものがあるんだな~.,と、後から知りました。
宿泊するようにもなって、うさぎさんの1日の行動をずっと見ていると
私たちがそんなに一生懸命ごはんをあげなくても、自然の実や葉っぱ、お花など
いろんな「ごはん」が大久野島にはある事がわかりました。
何故わかったかというと、みんなが教えてくれるのです。
「これ、おいしいよ」って。
雨が降ればみずたまりが給水ステーションになり
芝生がすぐに生えてきます。
うさぎさんの良質なうんちが肥料になっている土壌なので、
新鮮な草や芝がすくすく生えて来て、みんなのサラダバーになっています。
じぶんたちのうんちで、美味しい芝を育ててるってすごいです。
季節の移り変わりで色んなお花が咲き、実も落ちてきます。
食べられる葉っぱも、多いです。
恵みが少ない時期は枯葉や木の皮も齧っちゃう逞しいコたちなのです。
草食のうさぎさんには、季節の若葉や新芽、木の実、お花などが
いろんな大地からの栄養を摂れるごちそうなのだと思いました。
それは、その島で生活しているうさぎさん達だからわかる事。
培われ、互いに伝わっていく自然の中で生きて行く為のちから。
ごはんも、私たちが毎日同じ時間にあげられるわけではありません。
あげちゃだめ~!というお話ではなく・・・
限度をしらない与え方をする人も多く・・
そういう方々は
食べきれずに残したまま腐敗した生野菜やペレットまで回収してくれるのでしょうか。
そのニオイが別のどうぶつさんまで呼び寄せてしまっていること
知ってくれているのでしょうか。
結果、うさぎさんの生活に影響が出てしまっている事まで、ご理解されているのでしょうか・・・。
「かわいそう、たいへんそう」だけではなくて
「すごいな、えらいな」と感じる事も多くなりました。
私たちが、勝手に情をおしつけ、介入しすぎてはいけないのだと思いました。
うさぎさんの島は、この数年でも一気に観光地化がずいぶんと進んでいるようですが・・・・
自然保護区のように
野生どうぶつを守り、尊重してくれる環境ではないなと感じます。
うさぎさんの生活を守る為に、もっと考えてもらえたら嬉しいのですが。
自然の宝庫の島で、野生で暮らしているうさぎさん達の力をもっと信じて
その毎日を尊重する事が、
うさぎさんの生活を平穏に守ることに繋がるのではないでしょうか。
今、人が持ち込み、人が関わった事で派生している
様々な問題でうさぎさん達の生活が脅かされつつあります。
生態系まで変わってしまうかもしれません... 。
私はどうぶつみんな大好きです。
自然界にあるどうぶつ間のバランスは、人間には何もコントロール出来ません。
野生に人間が情やお金儲けの為に深入りしてしまうと、
いい結果を招かない事も多いと
ケニアの国立自然保護区の方に聞いた事があります。
今の大久野島は、何故こんな事になっているのかなと思います。
詳しく書くのは、私は控えさせて頂きますが・・。
うさぎさんの島をみんなが愛してくれて、
元から暮らすうさぎさんが穏やかに暮らし続けて行けるよう
願っています。
こしょうちゃんも、星になったうさぎさん達も、
仲間の事を見守っててね。

幼なじみと生まれ故郷でいい一日。

7月も終盤になりつつあります
生まれ故郷の、幼なじみが
誘ってくれました。
IMG_1963.jpg
実家はもう、ないけれど大好きな故郷。
よく行っていたとっても美味しい和風のぱすた屋さんがあるのですが
いまだ人気は衰えず、お店も営業されていたので
そこでランチをしました。
IMG_1966.jpg
夏っぽいセレクト!
やっぱり美味しい~♪
早めに待ち合わせたので並ばずに入れてよかったです。
そして、私の弟の同級生だった子のお父様がマイスターをされている
ローカルなケーキ屋さん、「ローヌ」さん。
ドイツ、オーストリア、ウィーンの国家マイスターとして
長年変わらぬ味を作り続けてくれています。
その二階がカフェとして解放されているので
ほぼ貸し切り状態で、いろいろな話をしました。
IMG_1968.jpg
マイスターさんは、マジパンの第一人者でもあるそうです。
IMG_1969.jpg
IMG_1970.jpg
IMG_1971.jpg
IMG_1972.jpg
幼なじみって
久しぶりに会っても
久しぶり、という感覚にはならない
いつまでも純粋で居心地のいい関係だなぁと思います。


Mちゃんは関西圏の大学で講義をしている国文学の研究者。
Tちゃんは、アロマや旅行が好き。
私は相も変わらず落ち着きの無い人間・・・(笑)
写真を撮っていると、
IMG_1975.jpg
「これもいれたほうがいいんちゃう?」
IMG_1977.jpg
「これもいれといたら?」
IMG_1978.jpg
「じゃぁこれもいれとき」
みんないい大人になりましたが、
時間が戻って、若い頃のように会話をしてしまいます(笑)
IMG_1987.jpg
ケーキがきました。
IMG_1989.jpg
いつも買いに来るケーキは持ち帰りにしたいので
この日は初めてのプリンアラモードをいただきました♪
IMG_1985.jpg
イチジクのタルト
IMG_1984.jpg
木イチゴとピスタチオのムースをレアチーズで包んだケーキ
IMG_1973.jpg
SNSをしないTちゃんが撮っていた数少ないうちの一枚は陶器製のオーブン。
IMG_1999.jpg
このお店の定番商品と言えば
昔からある大人気のチーズケーキ。スフレタイプなので、口の中で溶けてしまいます。
上品な甘さと、フレッシュなチーズの風味で一個まるまる食べてしまいそうなくらい軽くて美味しいです。
有名人の方もお忍びで買いに来られるそうですよ。
ベイクドが好きな私もローヌのチーズケーキは特別です♪
味もずっと変わらないです。
IMG_1996.jpg
ビエンナ・ドナウもとっても美味しい。
IMG_1997.jpg
ショコラは、いつもクリスマスに母が買って来てくれて、
お手製のカルボナーラといただく幼い頃の特別なごちそうでした。
私の誕生日が近いからか?
Mちゃんにはケーキをごちそうになりました♪
Tちゃんは、最近のマカオ旅行のお土産話と、
お土産と、アロマが好きなので
手作りのリップクリームをくれました。
IMG_2019.jpg
マカオって、ポルトガル領で
お食事もポルトガル料理屋さんが多かったそうです。
でも、彼女はギャンブルもブランドにも興味が無いという・・・(笑)
なぜマカオ・・・(笑)
また、秋に集まる約束で別れました。
ありがとう、M ちゃん Tちゃん
楽しかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。