LIBERTYさん 2018カレンダ〜

早速LIBERTYさんのカレンダーを購入(* ´ ▽ ` *)



チャリティー商品なのだそうですよ。

B9043592.jpg
デスク横にも使えそうな広げたらA4サイズ。

B9043582.jpg
壁にかけてみた.゚+.(・∀・)゚+.
1〜2月はまるちゃんとまろんちゃん。

B9043583.jpg

B9053713.jpg
作業デスクでもいい感じ。

ティガくんから、一言だそうです♪
B9053667.jpg
税込み1000yenのチャリティ商品。
限定数だそうですよ。

B9053662.jpg
ティガ君も載ってるもんね(*^_^*)

B9053672.jpg
後脚が動かせなくなっていたティガ君だったそうですが
ホットパックとハンドマッサージで
私がうさぎ部屋へ会いに行った日はなんとこんなに
力強い瞳でしっかり踏ん張っていました。
リバティさんの気持ちが伝わったのだね。
ティガ君ガンバレ!

B9053676.jpg
自分でお水飲める喜び〜、だね!
ティガ君のこのお水飲みスタイル、を見てると
小夏も保護っこ時代、こんな風にエクソシスト風にw飲んでいたのを
思い出しました(* ´ ▽ ` *)
IMG_2939.jpg
↑こなっティ近影です( ^ω^ )
ダイエット頑張ってますよ〜。



チャリティ商品を購入する事って、
保護されたうさぎさん達の為にできる事のひとつ、でもあります。

カレンダーの裏表紙には
リバティさんからのメッセージが載っています。
それを読んでいると、救われたうさぎさん達からの声も聞こえて来るかのようにも感じました。

なんでもいいから力になりたい、という気持ち。
助けたい、という気持ち。
保護うさ達をお迎えするという選択。

そして’’その向こう’’を、考えてみる

何故、保護されるうさぎ達がいるのだろう・・・?
このこ達は、どこから来たのだろう?
何故、棄てられたのだろう?

「どうすれば、こんな事が繰り返されている現状を変えられるのか」

という事を考えてみるきっかけにもなるのではないでしょうか。


動物愛護法を変える事が、根本から変えてゆくための道なのかな
邪魔な岩や落とし穴がぼこぼこごろごろありますので
なかなかまっすぐに進めませんけどね...(`・3・´)

日本の生体販売って・・・・・・・どうなの?
って思った事ないですか〜?
私は毎日多々ありますね〜


来年の1月くらいまでかな?動愛法改正に向けての署名を集めてますね。


まるおくん、復活まってるよ!
B8101205.jpg
かばいい〜(´∀`*)

リバティさんのカレンダー紹介ページです。
バザー報告とお知らせ
近々イベントやセミナーもあるようですよ〜〜〜!!


みかマロのつぶやきでした☆




スポンサーサイト

防災の日、見直してみたYO

ブログや、マンションの掲示板で「9/1は防災の日」というのを思い出しました!

うちは、集合住宅で倒壊した場合はもう逃げる事は難しい
上の階に住んでいます。

なので、地震などの災害で倒壊しなかった事を前提に考えて見ると
通電に問題がなく、エアコンが稼働する場合
部屋で’’避難’’すると思います

ニンゲンは、なんとかなるとして・・
うさ〜ずの備蓄に盲点がないか、改めて見直してみました。

*お部屋の中でのリスク軽減*

お部屋暮らしのマロッティの基本待機場所は
B8172488-2.jpg
↑ここなのですが
念のため落ちてくるものや倒れるものがないように・・しています。
・・・でも留守中はやはり心配なので

退院したあと、その流れでケージを出して一定時間はいってもらう様にして
ケージ時間にも慣れてもらっています。

おリュのサークルは屋根をつけてます。


*食問題*

被災したら・・そういう事も考えての、プランター栽培だったりも、します。

うさーずの食料は、できるだけ多めにストックするようにしています
お水は・・・
うちの追い炊き機器がいざという時は生活用水として
給水できるコックがついています。

でも、飲用には不向きなのでうさ用に軟水のストックもしています☆
ニンゲンは、煮沸でもして飲みます(笑)
IMG_8480.jpg
そのためにもガスコンロやアルミ缶バーナーは玄関横に常備。
一個は未サンディングですがどちらも使えます。

オール電化なので、電気が止まったらなかなか大変な我が家です。

灯りは、ダイビング用のライトを同じく玄関に常備。
ランタンになるタイプもあります。


*温度問題*

夏場に限りますがエアコンが止まった場合は、車に避難する予定です。
長期戦の場合は、移動して家族か友人の家にうさ〜ずだけでも避暑(^^;)
車に避難すると仮定しての、避難グッズ

*Oryu&Maro's 避難グッズ*

IMG_847-2.jpg
ごはん(嗜好性のたかいもの、栄養価のたかいものメイン)、牧草、乾燥野草
お水、器(煮沸にも使えるアルミ製)シリンジ、スポイト、サプリ
衛生用品(ペットシーツ、洗ってすぐ乾くタオル、ティッシュ)
*野草は、食欲を刺激するしストロベリーリーフは食欲増進の効果も期待して。

ふたりとも、殆ど同じものを食べているので共通です
バニは食べるものがまったく違ったのでごはんも牧草も別のを用意していました(>▽<)
高原の麦しか食べないバニでしたので・・・そういううさちゃんは避難用の牧草もキープ大変ですね。

IMG_8474.jpg

IMG_8476.jpg
何かと使える?ススマット

IMG_8481.jpg
何かと使えるガムテープと、
消毒用のスプレー&ブラシ
グルーミングスプレーも足しておこうかな?

IMG_8478.jpg
以上の一式を両手があく様に
ショルダーになる布バックと、リュックに詰め込んでいます。

たべものの賞味期限が近づいたら交換☆

投薬中のばあい、そのお薬や
強制給餌用の粉末と、プリンペランの粉末、
純粋な果汁ジュースも入れておいた方がいいかな?と思いました。

爪切りも?
・・・でも、爪が伸びる位長期の避難はできればしたくないな(TT)

万が一の、えん麦の種と、牧草用の土も入れとこうか.....(^^;)
えん麦は発芽率もよくて成長も早いからね♪

南海トラフがもう来る、来ると言われて
まだ来ない。けど、
心づもりだけはしつつ・・・。

地震も恐いけど、某ノースコリアと某アメリカとの対峙が・・(TT)
あれやこれやと起こっても居ない事で頭を悩ます燃費の悪い私です。
省エネのおリュマロを見習わなくてはですw

B8263061.jpg

毎晩、すやすや眠れる日が続きます様にと

B8293130.jpg

願っています



個人的な思い その2

某所のうさぎさんの一件についてですが

私ごときが書くのはどうかという迷いもありましたが

すこ〜しだけ、現場をいくつか知る者として書きたいと思います。
生意気な事をかくかもしれませんがお許し下さい。

うさぎさんの為に・・・・。

まず
その出来事があった詳細な場所を書いて、
シェアすることのリスク。

それによって二次的な事件に発展する可能性もある。
そして、いつまでもその情報は残る。

大元が発信しているのでいいだろうと思うかもしれないけど
色んな案件を抱えてらっしゃって、
個人個人へそういったことをお願いする手も回らないと思うし

ボランティアとして動ける人達は
詳細な情報は信頼出来る者同志で共有するなど
冷静なる判断と行動と配慮を求められます。
感情的にならない抑制力も必要とされる場面があります。

どこで捨てられた、どこに保護に行った、という情報は
私は公に拡散する必要はない・・と思います。
お手伝い出来る場合、直接関わっている方に聞けば良いですネ。

一番は、無事にうさ達が救われる事・・・。

「あ、保護する人来るならあそこに捨てよう」
なんて考える人が出て来ないとも限らない。

ちょっかい出したいだけの人や
うさぎに危害を加えるだけの人にも場所が分かってしまう。
いいひとばかりが見てる訳ではない・・。

そして、私が行った時は例のホームレスの方は
真横で酔った方々が騒いでてもおとなしくしておられたし、
刺激しなければそんな事してくる人には感じなかった。
(酔った人達がいかつい人達だったからかも、だけど。)

ホームレスの人は社会から離れて
何かの理由があってそこで生きている方々だと思うので
彼らの生活圏に踏み込むにも配慮が求められると思います。
本来はその生活は不法なんだけどね。

彼らからすれば、自分の静かな生活を乱す侵入者にしか見えないかもしれないのだし。

誰もが「うさぎ達を探したい」という思いに
共感してくれるかは解らないわけで。
価値観だって人それぞれだし


今回に限らずですが
自分の気持ちは一旦置いて、行動することが大切です。

最終的にうさぎ達に危害が加えられたら元も子もない。

シェアや発信、拡散の前に
不特定多数が見ているという事も考えないと
いけないんだと思う。

優しさ、感情だけで方向性をひとつに結束せずに動いてしまうと、

最終的に真逆の結果に繋がってしまうリスクもあると思います。


生意気な事をかいてしまいました
みんなうさぎが大好きで、それぞれの思いあっての事なんだと思います(><)


良い方向へ向かうよう自分も願っています。

保護されるうさぎさん。個人的な思い。

昨日、たまたま近くでしたので
発信されていた場所へ向かってみました。

例のうさぎさん達を捜索している時に
一匹出てきてくれたので
ニオイのするお野菜やペレットを置いて近づいてくるのを待ちました。
3メートル程の距離感で、持久戦。

もう少し・・そのタイミングで

ちょうど、現場付近にいらっしゃったBBQ中の
酔った若い父親と、そのお子さんが歩いてきて
「あ!うさぎ!」って。


その後の細かい経緯は省略しますが・・


「自然に放してもらって、楽しそうやんけ」
「うさぎなんて、こういう外で飼うもんやし」
「うさぎつかまえて食ったれ」

2家族位の若い夫婦と、そのお子さん。

大声でそう叫びながら掴まれそうになったり、
追いかけ回されたのでその一匹は
疲れたと思います。


その現場を見たのは、わたしたち二人だけでした。


臭くてじめじめして、虫もいっぱい
カニもカサカサ歩いてて蛇もイタチもタヌキもヌートリアも居る様な所。
わけの解らない所に放り出されて


なんかもう・・・・。
こういったことを色々みてこられてるんだろうなと
現場に行って、感じた事です。
悔しいのと、悲しいのと。

そして、ブログにも再三かかれていますが
この方々たちは、「保護団体」ではありません
保護活動をする為に、団体を立ち上げた訳ではないという事ですよね。


どうぶつに優しい気持ちを傾けてもらえる様に

うさぎ達への間違った認識や飼育知識が良くなる様に
遺棄される命がなくなりますようにと


その為に立ち上がってくれているのだと思います。

私達も考えていかなくちゃなと思います。



今自分に出来る事は?



寄付を募っておられます。
保護されたうさぎさん達の生活を、少人数でお世話されています。

ちょっとずつでもみんなが動けば大きな動きに変わって行くと思います。


社団法人リバティさん

SAVE THE RABBITSさん




無肥料無農薬プランター栽培講習by岡本よりたか先生

7月5日

うさぎ用品専門店の「ココロのおうち」さんが
主催された素敵なセミナーにいってきましたよ♪

その名も・・・
’’岡本よりたか先生に学ぶ!
プランターから始める無肥料栽培自然農法’’

気になって、よりたか先生のブログを拝見したりして
行きたいな〜、行けるかな〜、とやきもきしておりました。

プランターで無肥料無農薬栽培・・
気軽に始められそうだけど、維持して行けるのかな?
自然のサイクルを無肥料無農薬で作れるのだろうか〜?
と、やってみたいと思いつつも、なかなか踏み切れずにいました。

今ではマルシェや無農薬野菜を扱うお店も増えましたので
そこで買えばいいんだけどね・・・

でも

やっぱり

作る課程に興味があるし
作りたいなとずっと思ってたし
自分でイチから作った100%のものをおやつで食べてもらえたら、嬉しい

それを実践されている
よりたか先生の、お話を直に聞いてみたい!

ということでお仕事のスケジュール上かなりギリギリの決断になりましたが
お申し込みさせて頂き、Let's Go 姫路〜
駅から徒歩すぐの6階
会場には参加者の方と、先生が。

そして、受付にはココロのおうちのオーナーMさんと
USAマロさんがいらっしゃいました

おはずかしながら、自撮りですがw
張り切って、人参シャツを着ていきました。
IMG_7004.jpg
ですが先生、人参あまりお好きで無いとの事で・・・(^▽^;)たはは

うさぎさんのために参加していたのは、
私と もうお一方、なんと遠方から朝一で新幹線で向かって来られたとの事!
すごい情熱です☆
しかもなんと、おリュマロバニラのこと、このブログ見て下さっていたとの事で
嬉しいご縁でした...♪

セミナーのファイルや内容は、公にはできませんが
先生、もの凄い情報量を放出して下さったので
必死のぱっちでメモを取りました。
農業をされているかたの参加もあり、初心者に近い私は
一番出遅れていたと思います

農業って化学でもあるな〜って、感じてしまいました。

ワタシ、化学式とか計算とかそれは苦手なので
リアルタイムで理解出来ておらず帰ってから必死で復習。
でも、楽しいですね〜。

先生のお話は、ほんとうに興味深く、面白かったです。
野菜を育てること、だけでなく
それを越えた人生観についてまで考えたくなるような。

前半3時間、必死の’’がり勉’’タイムを終え

お昼休憩を挟むのですが
ココロのおうちMさんが、「どうしてもこのお弁当を提供したかった」という
おっこさんの、かさね煮のお弁当。
IMG_7012.jpg

これがまた、私的にドストライクなお弁当で感動・・・
おっこさんとは、連絡先がわからなくなったものの
参加者の方を通じてなんとか連絡が繋がったとの事で
Mさんの「身体にいい、美味しいお弁当を食べてもらいたい」
というお気持ちが伝わりました。

以下、おっこさんのご説明中
必死でメモしたお弁当の内容↓

圧力鍋と土鍋のごはん二種類の食べ比べ
玄米は80歳のおじいちゃんのお米
三分つきは三木のうるち米

ごはんに添えてあるのは
きゅーちゃん&紫のタマネギのピクルス?だったかな?が甘くて

右下:かさね煮のラタトゥイユも美味しくて

右上:

かぼちゃのコロッケ

ごぼうのかさね煮 タマネギ ニンニク 味噌
つぶした黒豆などをを合わせたハンバーグ
onニンニク、ショウガのソース

切り干し大根

黒豆の煮物

梅酢、豆乳、オリーブオイルのじゃがいも団子

上段真ん中:キュウリ+梅干しと豆乳のマヨネーズ

わたし、こう見えて(どう見えて?!)マヨラーでして
コウケンテツさんのレシピでオリジナルで作ってて、
サラダ油をオリーブオイルに変えたりしてたのですが

豆乳と梅干しのマヨネーズは、美味しかった!!!
さわやかなコクと酸味が。幾らでも食べられる感じでした。

そして、手作りのあずきあんの草餅

もちろん...完食!!!

ごちそうさまでした。

おっこさん、またいつかお料理教室再開される日を待ちたいと思います。
そんな素敵なおっこさんのページはこちら

安心で安全な素材を使って ていねいに
お料理を作るということを見習わなくてはです。
これだけ素材の味まで引出してもらえたら、お野菜も喜びますよね〜。

その後、午後から先生によるプランターの実践を見せて頂き

書籍から膨らむお話や、
少人数でしたので質問コーナーがゆっくり設けられました。
そこで『???』だったことを質問させて頂きました〜。
事前に付箋を配布して下さったので、それに書いておきました。
なので質問もしやすかったです。

ほんとに、ほんとに意義深い1日でした。
参加してよかった。

実践に移せるか否かは、少しずつ歩きたいと思いますが
まずは、得たものをしっかりと記憶し、理解してからですね(^^;)

素敵な機会を作って下さった
ココロのおうちの森本さんにも感謝です♪

B7057359 copy

IMG_7013.jpg
岡本よりたか先生と☆

IMG_7014.jpg
ココロのおうちのオーナー森本さんと☆
私のむくみっぷりが際立ちます(笑)

ありがとうございました〜
2回目も?!期待してます☆

IMG_7016.jpg
ということで遅ればせながら教科書もゲット



おリュマロが食べるもの、もっともっと
考えていこうと思います。

お野菜とかを無農薬にこだわるなら、ペレットやおやつも
安心なものがいいよね。
B7238817.jpg
「天然の酸化防止剤だけで超安心素材のexel、おリュ的にオススメです」
最近やっと、オレガノとマチュア食べてくれるようになったので
(各1袋ずつ、ほぼ無駄にしました)
次は・・・ココロさんオススメのexel''ネイチャーブレンド''
食べてみましょうね

B6173775.jpg
「フェンネル作って〜!」
好きやもんね〜。うん・・・まだちょっと先になりそうだけどw
トライしてみようかな?!

B7238843.jpg
帰りに藻塩を買ったよ

B7218806.jpg
種、まくど〜(笑)

*おわり*