保護されるうさぎさん。個人的な思い。

昨日、たまたま近くでしたので
発信されていた場所へ向かってみました。

例のうさぎさん達を捜索している時に
一匹出てきてくれたので
ニオイのするお野菜やペレットを置いて近づいてくるのを待ちました。
3メートル程の距離感で、持久戦。

もう少し・・そのタイミングで

ちょうど、現場付近にいらっしゃったBBQ中の
酔った若い父親と、そのお子さんが歩いてきて
「あ!うさぎ!」って。


その後の細かい経緯は省略しますが・・


「自然に放してもらって、楽しそうやんけ」
「うさぎなんて、こういう外で飼うもんやし」
「うさぎつかまえて食ったれ」

2家族位の若い夫婦と、そのお子さん。

大声でそう叫びながら掴まれそうになったり、
追いかけ回されたのでその一匹は
疲れたと思います。


その現場を見たのは、わたしたち二人だけでした。


臭くてじめじめして、虫もいっぱい
カニもカサカサ歩いてて蛇もイタチもタヌキもヌートリアも居る様な所。
わけの解らない所に放り出されて


なんかもう・・・・。
こういったことを色々みてこられてるんだろうなと
現場に行って、感じた事です。
悔しいのと、悲しいのと。

そして、ブログにも再三かかれていますが
この方々たちは、「保護団体」ではありません
保護活動をする為に、団体を立ち上げた訳ではないという事ですよね。


どうぶつに優しい気持ちを傾けてもらえる様に

うさぎ達への間違った認識や飼育知識が良くなる様に
遺棄される命がなくなりますようにと


その為に立ち上がってくれているのだと思います。

私達も考えていかなくちゃなと思います。



今自分に出来る事は?



寄付を募っておられます。
保護されたうさぎさん達の生活を、少人数でお世話されています。

ちょっとずつでもみんなが動けば大きな動きに変わって行くと思います。


社団法人リバティさん

SAVE THE RABBITSさん




スポンサーサイト

無肥料無農薬プランター栽培講習by岡本よりたか先生

7月5日

うさぎ用品専門店の「ココロのおうち」さんが
主催された素敵なセミナーにいってきましたよ♪

その名も・・・
’’岡本よりたか先生に学ぶ!
プランターから始める無肥料栽培自然農法’’

気になって、よりたか先生のブログを拝見したりして
行きたいな〜、行けるかな〜、とやきもきしておりました。

プランターで無肥料無農薬栽培・・
気軽に始められそうだけど、維持して行けるのかな?
自然のサイクルを無肥料無農薬で作れるのだろうか〜?
と、やってみたいと思いつつも、なかなか踏み切れずにいました。

今ではマルシェや無農薬野菜を扱うお店も増えましたので
そこで買えばいいんだけどね・・・

でも

やっぱり

作る課程に興味があるし
作りたいなとずっと思ってたし
自分でイチから作った100%のものをおやつで食べてもらえたら、嬉しい

それを実践されている
よりたか先生の、お話を直に聞いてみたい!

ということでお仕事のスケジュール上かなりギリギリの決断になりましたが
お申し込みさせて頂き、Let's Go 姫路〜
駅から徒歩すぐの6階
会場には参加者の方と、先生が。

そして、受付にはココロのおうちのオーナーMさんと
USAマロさんがいらっしゃいました

おはずかしながら、自撮りですがw
張り切って、人参シャツを着ていきました。
IMG_7004.jpg
ですが先生、人参あまりお好きで無いとの事で・・・(^▽^;)たはは

うさぎさんのために参加していたのは、
私と もうお一方、なんと遠方から朝一で新幹線で向かって来られたとの事!
すごい情熱です☆
しかもなんと、おリュマロバニラのこと、このブログ見て下さっていたとの事で
嬉しいご縁でした...♪

セミナーのファイルや内容は、公にはできませんが
先生、もの凄い情報量を放出して下さったので
必死のぱっちでメモを取りました。
農業をされているかたの参加もあり、初心者に近い私は
一番出遅れていたと思います

農業って化学でもあるな〜って、感じてしまいました。

ワタシ、化学式とか計算とかそれは苦手なので
リアルタイムで理解出来ておらず帰ってから必死で復習。
でも、楽しいですね〜。

先生のお話は、ほんとうに興味深く、面白かったです。
野菜を育てること、だけでなく
それを越えた人生観についてまで考えたくなるような。

前半3時間、必死の’’がり勉’’タイムを終え

お昼休憩を挟むのですが
ココロのおうちMさんが、「どうしてもこのお弁当を提供したかった」という
おっこさんの、かさね煮のお弁当。
IMG_7012.jpg

これがまた、私的にドストライクなお弁当で感動・・・
おっこさんとは、連絡先がわからなくなったものの
参加者の方を通じてなんとか連絡が繋がったとの事で
Mさんの「身体にいい、美味しいお弁当を食べてもらいたい」
というお気持ちが伝わりました。

以下、おっこさんのご説明中
必死でメモしたお弁当の内容↓

圧力鍋と土鍋のごはん二種類の食べ比べ
玄米は80歳のおじいちゃんのお米
三分つきは三木のうるち米

ごはんに添えてあるのは
きゅーちゃん&紫のタマネギのピクルス?だったかな?が甘くて

右下:かさね煮のラタトゥイユも美味しくて

右上:

かぼちゃのコロッケ

ごぼうのかさね煮 タマネギ ニンニク 味噌
つぶした黒豆などをを合わせたハンバーグ
onニンニク、ショウガのソース

切り干し大根

黒豆の煮物

梅酢、豆乳、オリーブオイルのじゃがいも団子

上段真ん中:キュウリ+梅干しと豆乳のマヨネーズ

わたし、こう見えて(どう見えて?!)マヨラーでして
コウケンテツさんのレシピでオリジナルで作ってて、
サラダ油をオリーブオイルに変えたりしてたのですが

豆乳と梅干しのマヨネーズは、美味しかった!!!
さわやかなコクと酸味が。幾らでも食べられる感じでした。

そして、手作りのあずきあんの草餅

もちろん...完食!!!

ごちそうさまでした。

おっこさん、またいつかお料理教室再開される日を待ちたいと思います。
そんな素敵なおっこさんのページはこちら

安心で安全な素材を使って ていねいに
お料理を作るということを見習わなくてはです。
これだけ素材の味まで引出してもらえたら、お野菜も喜びますよね〜。

その後、午後から先生によるプランターの実践を見せて頂き

書籍から膨らむお話や、
少人数でしたので質問コーナーがゆっくり設けられました。
そこで『???』だったことを質問させて頂きました〜。
事前に付箋を配布して下さったので、それに書いておきました。
なので質問もしやすかったです。

ほんとに、ほんとに意義深い1日でした。
参加してよかった。

実践に移せるか否かは、少しずつ歩きたいと思いますが
まずは、得たものをしっかりと記憶し、理解してからですね(^^;)

素敵な機会を作って下さった
ココロのおうち様にも感謝です♪

B7057359 copy

IMG_7013.jpg
岡本よりたか先生と☆

IMG_7014.jpg
ココロのおうちのMさんと☆
私のむくみっぷりが際立ちます(笑)

ありがとうございました〜
2回目も期待してます☆

IMG_7016.jpg
ということで遅ればせながら教科書もゲット



おリュマロが食べるもの、もっともっと
考えていこうと思います。

お野菜とかを無農薬にこだわるなら、ペレットやおやつも
安心なものがいいよね。
B7238817.jpg
「天然の酸化防止剤だけで超安心素材のexel、おリュ的にオススメです」
最近やっと、オレガノとマチュア食べてくれるようになったので
(各1袋ずつ、ほぼ無駄にしました)
次は・・・ココロさんオススメのexel''ネイチャーブレンド''
食べてみましょうね

B6173775.jpg
「フェンネル作って〜!」
好きやもんね〜。うん・・・まだちょっと先になりそうだけどw
トライしてみようかな?!

B7238843.jpg
帰りに藻塩を買ったよ

B7218806.jpg
種、まくど〜(笑)

*おわり*

アメリカでのイースターうさぎ事情

この時期、気になっちゃう事。

イースターです。
うさぎグッズが増えるし、うさモチーフのお菓子もかわいいのがあったり
楽しい気分ももちろんあるのです・・・が!

アメリカでは、うさぎがもののように売られ
半年後には(成長した頃)どっと捨てられるという。
日本もイースターを盛り上げようとする動きがありますが、
同じ様な事にならないように・・・と願うばかりです

ナショジオで、関連の記事が取り上げられていたので
つたない要約ですが、載せておきます。
(間違いがあったら、こっそり教えて下さい^^;)

Here's Why Easter Is Bad for Bunnies

うさぎは、アメリカでは3番目に人気のあるどうぶつだそうです。
でも、犬や猫のように誰もに飼育知識があるといえばそうではない
1〜2年、長生きして3年と思っている人も少なくないそうで。
大切に育てたら、12年くらいは生きてくれるコも、多くなってきているのに・・・。

イースターで赤ちゃんうさぎが10代の子供達にに抱き上げられ、
床に落とされて「これにする!」と買われてゆく光景。

ナショジオのスタッフに救われた野外に捨てられたうさぎの動画も見る事が出来ます。
めっちゃかわいい。

短命で、お世話も簡単で、ケージに入れっぱなしでOK?!
とまだまだ、思ってる人が多いそうです。
アメリカのウサギ保護団体には、イースターのあと半年程したら
捨てられたウサギに関する電話が日に3−4本は入ると言います。

売れ残って、大きくなってしまったうさぎさんの行方はブリーダーも口を濁すと言います。

かわいいからといって、お迎えした後に成長すると
うさぎさんはやんちゃなこもいたり、かじったり、噛んだりするこもいます。

日々のお世話の仕方や、去勢手術などで緩和することが多いのですが
こうして安易にお迎えされたうさぎさんの飼い主達は、
「なぜ30ドルでお迎えしたうさぎをトレーニングや手術で
200ドルも費やさなければならないのか?」という人が多いそうです。

3番目に人気でも、捨てられて里親を捜す際
犬、猫のように明確に分けられる事が無く
鳥、爬虫類、小型哺乳動物の「その他」の中に
うさぎは含まれてしまうのです。
だからご縁にも結びつきにくい。

ワシントンのいくつかの都市では救助されたうさぎの数が多すぎて
公園に放されたりしたらしく、これはうさぎにとって「死」に直結することになります。
何故なら、飼いウサギには野外の熱さや寒さに適応できず、感染症やストレスのリスクがあるからです

現在も、ジョージア州では数千のうさぎが野外に捨てられているであろうと言われています。

アメリカでも、うさぎさんの為に日々活動されている
団体もあり、FBなどのページで拝見していますが
保護うさぎさんの数も多いのだろうな・・・。

イースターは、うさぎの形のチョコやお人形をプレゼントしよう、という運動があったりしますが
ふつうそうなるだろ?!生きたコ売らへんやろ?!
と思うのですけどね・・(><)

EasterBunnyInfo.jpg

199050_212845952062527_100000113725471_982739_7226919_n.jpg

9ee74e_78c79f63986e46208f8950dcd066db4b.jpg

6d8514b65492ba91efb7f28a05c57ddc.jpg

easter-make-mine-a-chocolate-easter-please-mens-premium-t-shirt.jpg

ほんと、最近つくづく思いますが・・・

人間が一番危険どうぶつですよね〜(ーー;)

ホットパッド その2♪

前回のホットパッドなのですが
いりぬかを主軸とした中身にして、軽量化に成功したものの・・・
あれ?あまり暖かさが持続しない・・・?

そもそも、遠赤外線効果ッてなんだ?
遠赤外線って、なんだ?

という探求心により、整体の先生や、お医者さんに
お尋ねしてみました。

「遠赤外線」は
太陽光にも含まれる有害ではない波長の電磁波・・だそうです。
人間の身体や地上の物体からも発せられてるそうです。

岩盤浴も、石が放射する遠赤外線の効果でほっこり暖まりますもんね☆

私がお世話になっている整体の先生は、
手のひらが温めてないのにいつでももの凄く暖かいのですが
波動、波長などの個人差があるようで
その辺のメカニズムが関係してるのかもですね(←ざっくり)

先生に聴いたらもの凄く専門的なお話しになってゆきましたが・・
分子レベルのお話にまで到達した時点で・・・・
後半、寝てました(^^;)←いつも先生のトーク放置入眠

遠赤外線を追求しすぎておかしくなった研究者もいるそうなので
このくらい知っておければいいかな??

遠赤外線の特徴は、某サイトを参考にしてみました☆
1. 目に見えない光線である
2. 直進性、屈折、反射などの光の性質を持っている
3. 多くの物質に吸収されて熱反応を起こす

水やアルコールは、遠赤外線をよく吸収する

4. 深達力がある

ほうほう。

素材の保水力の差で、熱放出の時間が変わるのでしょうか〜。
電子レンジでチンする事に寄って、自己発熱してくれるのですね。

ホットパッドの遠赤外線効果は
含水率の高い組織(末梢血管、皮膚)ほど加温されやすい。

「芯からあたたまる」ような、「ほっ〜こり・・・」って、
ヒトもうさも同じように感じるはず!
(パッドの温度には要注意やね★)

チモシーの乾燥に一役買ってくれるシリカゲルも
保水力が高いので、温熱療法に利用されてるとの事。

保湿力が高い材料を使うと効果も高まるのですね。
おリュマロのおかげで、改めてお勉強ができました(^▽^)!

バニラはとにかく乗せる、着る、といったものが大嫌いでしたので
最後の夜に・・既製品ですがホットパッド(無臭)を
ドーム型のネットに乗せて使ったくらいでした。
身体のチカラが抜けて、リラックスしてくれてました。

健康的には大きな波が2回あったものの
うっ滞にはなった事がなく、歯のトリミングも一度だけ。
真っ白ないい歯をしてたバニ

冬には動物用のセラミックヒーターの下で
ぬくぬく寝てた姿を思い出します


***


私が眼精疲労の度に愛用していた「あずきのチ●ラ」は、
目もとも乾燥せずに暖かさもいい塩梅で使い勝手がよかったナ。
あずきを混ぜたもので、うさ用にと2つめを作ってみました。


うさ友さんに頂いた「クロモジ」。
リモネンが含まれているので、飲み易くてお茶にしても美味しいヨ♪
殺菌、抗菌作用もあるうえにおだやかな芳香です。

B6030022.jpg
岩塩には、ほ〜んの少しレモングラスを混ぜました。

ワイルドストロベリーは、お茶に近い芳香です。
→後日、おリュの大好物になったのですよ。
おリュは、スキ・キライがよく変わります(汗

B6030023.jpg
まぜまぜ〜。

B6030025.jpg
で、小豆は保水力が高い=重いので
パッドに改良を施しました。
背中の部分だけ、軽い素材(クロモジ、ヨモギ、そばの実)にして
ずっしりとならないようにしてみました。

B6030013.jpg
ヨモギは、ざっくり摘んで干してたストックから。
入浴剤にもなるし、お茶にしても美味しいし、万能☆

端切れのリバティでカバーも作って、かぶせて
600w60秒チン☆

・・ちょっと熱めだったので、
まず自分の肩に乗せて確認してみました。

かすかに漂う森林のような薫りで癒されます。
20分以上は、「ほっこり」な感じが持続しました。
うさには500wで3〜40秒くらいがいいのかな?

冷めたので、マロにON
B6030059.jpg
どうですか〜・・・?

「なんやこれ〜」って顔しながら 
B6030064.jpg
てけてけてけ★

WC兼TES(チモシーEATサービスエリア)で
B6030071.jpg
のっけたままチモチモ&ポロポロ。

重さもあまり感じないみたい。
おリュにもいい感じでした。

B6030055.jpg

B6030057.jpg
王様のマントみたい

FotorCreapadted.jpg
床につくのでドーム型になり、いい感じで暖まりそうです。

B6030016.jpg
そばの実は、ししマロが大好きです。


長時間のあたためには、やっぱりパネルヒータなのでしょうね。

「うちのコに・・・♥」の愛情で
ワイワイしながら作る課程も楽しめるのが手作りの醍醐味♪

いりぬかは、おだやかな温かさ。
小豆は、結構しっかりあたたまります。

長くなりましたが・・☆ホットパッドよもやま話でした♪